タイ式マッサージにはどういった歴史があるのか

古い歴史を持つタイとタイ式マッサージ

もともとタイ式マッサージはタイ伝統医学の一つでした。
タイ式マッサージは体を癒し、丈夫にする方法として始められました。
その起源は今から2500年前と言われています。
その時代は中国の黄皇帝の時代にあたると言われています。
日本の国家資格である指圧の歴史はおよそ100年ほどです。
なのでタイ式マッサージの歴史がいかに古いかということが指圧と比べただけでわかります。
昔から病気の治療法として、医師などが実践してきました。
このマッサージがタイに伝わった経緯としては、古代インドや中国の影響を大きく受けた医師から始まったと言われています。
それが親から子へ、または医師から弟子たちといったように口頭で伝えられ、今に至ると言われています。

タイ式マッサージと仏教の関係

タイは仏教の国として知られています。
タイの仏教寺院であるワットは誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
庶民はワットで仏教を学んでいました。
そして学んでいたものは仏教だけではなかったのです。
それがマッサージなのです。
家族が病気になると、人々は僧侶からマッサージを学び実践していたのです。
マッサージは昔から人々の中で大事なものだったのです。
その証拠に、タイ式マッサージの起源である医学書は仏教の経典と同じように価値あるものとされ、大事にされてきました。

今もタイ式マッサージでは仏教の教えに基づき、仏教でいう愛の概念である慈、非、喜、捨の心を大切にしています。
今も昔もタイ式マッサージと仏教は切り離せないものなのです。